たろちゃ奮闘記

仕事と家庭を両立するサラリーマンの活躍を描く!会社に縛られない生き方を目指す為のブログ!健康の為にダイエット挑戦中♪

敬天愛人とは!~西郷隆盛に学んだこと~

敬天愛人の意味!

こんにちは!!たろちゃです。うちの嫁が大河ドラマが好きでブルーレイで録画してよく見ているのですが、つい先日撮りためていた【西郷どん】を私もたまたま一緒に見る機会がありました。

 

私は普段ドラマはほぼ見ないので【西郷どん】もこのときに初めて見ました。どうやら最終回だった様です。そのタイトルは「敬天愛人」響きがかっこ良いのでどんな意味なんだろう??と気になりました。

 

西郷隆盛の名前は知っているのの、幕末に坂本龍馬とかと名を連ねるくらい活躍した人ってくらいしか知らなかったので気になったので、この機会に【西郷隆盛】のことを調べてみた。今日はそのことを記事に書いて行こうと思う。

 

f:id:tarochan-kun:20181228040914j:plain

 

敬天愛人とは””天を敬い人を愛すること””

 

物事の道理は天によって決まっており、人間は天を敬いその意思に従うだけ。天の意思も人間世界のあり方も常に変化している。

歴史の必然的な流れは人間の力ではその流れ止めることは出来ない。なので人を相手にせずに常に天を相手にするように心がけよ。(他人の目や評価を気にするなってこと)

 

人を咎めたりせず愛情を持て、自分を律するように心がけろ。的なことが書いてありました。(自分に厳しくお天道様・自分の真心に恥ずかしくない行動するんだ)

 

要するに。。。

 

『他人に対し分け隔て無く愛情を注ぎ、自分を厳しく律し無私無欲の人になれってことですね。』

 

f:id:tarochan-kun:20190102050636j:plain

 

 敬天愛人の極意はブログを運営で実践していた!?

 

って言われてもそんなこと常に実践出来てるって人はほぼいないでしょう。他人の目ってどうしても気になるものだし、損得の感情で動くことも結構考えてしまいますね。

 

しかし西郷隆盛はこの格言の通りに生涯を生きたとのこと。かっこいいですね!!!幕末で一番人望があったと言われるのも頷けます(^_^)

 

【西郷どん】ドラマがオンエアされていた時は全く興味はありませんでしたが。西郷隆盛の生き方や考えに触れてからは非常に興味が湧きました。ちょうど正月連休なのでこの機会にDVDを借りてみようと思います。

 

 というのもブログを始めた当初の私は、記事を書くとき『こんな事、書いて面白いんだろうか??書き方おかしくないか??など変な感じで見られたらどうしようか?」こんなことを考える事が多かった。最近始めたTwitterでも同じ事がありましたね。

 

ブログは読んだ人に共感して貰えたり、読んだ方が価値を感じてくれて初めて良い記事になるので、最近は「読者ファーストをブログで体現したい!」って思いが強くなってきています。そんなときに見たのが【西郷どんの敬天愛人】という訳です。

 

その後調べて見て、一気に西郷さんのファンになりましたね。で読者層の分析してみたり、興味を持ってくれてる記事を分析してみたりしているうちに、前回の記事でも書いたコンセプトを決めて今年は取り組んでみようという考えに至ったわけです。

 

www.tarohun.com

 

これって会社でものすごく使えるスキルですね。人間関係の摩擦は他人の評価を気にしたり、利害の対立から生じるのが常なので。他責の思考から自責の思考で考えるようにすれば、人間関係のトラブルからはある程度解放されるかもしれませんね。

 

まあ「体現する」の難しいんですが。

 

簡単に実践できるのは他人の為に何かをしてあげる気持ちを持つことですね。自分の嫁さん、子供や恋人といった大事な人が喜んでくれることなら頑張って準備しますよね。

その気持ちを自分の生活の中で関わる人達にも思って接することでしょうか。小さいことの積み重ねが大事ですね。

当然、今のわたくしでは「西郷どん」には遠く、とぉーく遠く及ばないですが。大事なことなので『2回』言いました(・∀・) 

 

《《敬天愛人》》を座右の銘に今年から過ごして行く所存であります。

 

では本日も良い一日を♪ チェスト~!気張れ~!! 

こちらからは以上です(・∀・)

 

ブログ村にも参加中です♪

 

 

~管理人プロフです~

 

www.tarohun.com

 

おわり